保土ヶ谷区コーキング撤去工事

こんばんは(^ ^)

乾燥休工も終わり本日より窯業サイディングボードのコーキング撤去作業です。まず下の施工前写真をご覧下さい!

施工前↓↓↓

このように劣化によりコーキングが硬くなり柔軟性が失われて建物等の揺れに追従出来なくなり今回のような亀裂が見受けられ、コーキング本来の役目を失っています。

『対処法』

①亀裂の入っているコーキング材の撤去です。

②余分な所にコーキングが付かないようにマスキングテープ貼り

③状況により『ボンドブレーカー』を貼ります。

④プライマー塗布し、コーキング材を充填します。

簡単な流れとしてはこの様な感じですが、写真付で説明します。

↑↑↑
劣化したコーキングを撤去し、両端にマスキングテープを貼りました。
↑↑↑
密着性を高める為プライマーを塗布しております。
この時サイディングの両端にプライマーを塗布します。
隙間の奥に見えるのがボンドブレーカーです。三面接着防止対策です。
☆必ず二面接着しないと劣化の速度が早くなる、伸縮性が失われて割ける原因にもなります。
↑↑↑
施工後の写真です。なぜテープを貼るかは余計な所にコーキングが付着しないためです。テープを剥がすとご覧のように綺麗に打ち替え終了です。


↑↑↑
『使用材料』
シャープ化学工業
ペイントヘンセイ(ノンブリードタイプ)
明日も引き続き一所懸命頑張ります。(^^)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です